心理ブロックを書き換える『チューニングセラピスト』

生まれ持った見える、聞こえる、感じる同調共感能力を用いて心理ブロックを根底から書き換える、チューニングセラピストです。
自分に自信が持てて、思うように行動できて、人間関係も円満になって、肩の荷をおろして、毎日を楽しくすごせるようにサポートしています。

記事一覧(2)

カメムシ嫌いをひも解いていくと…母への愛情が戻った!

心のつまりをとって人生をラクに自由に生きよう!!心のブロック解除・サイキック心理カウンセリングの曽根美佐緒です。発達障害育児、夫婦・親子・恋人の問題など解消したします。セッションのご感想をいただきました。Oさん子供が生まれる前までは母のことが大好きだったのに、子育てをしていくうちに母を遠ざけるようになりました。私が息子に想う言葉で言い表せないほどの愛情と、母が私に対しての態度を比べて、その違いに、母は私を愛していなかったんだと思うようになりました。ブロック解除のセッションで、「私が母を遠ざけているのを感じて、母は私への罪悪感から逆につれない態度をとってしまっている。母は私に感謝と泣きながら謝罪をしている。母は私を愛している。」と言われ、涙が止まりませんでした。私が息子に想う愛情と同じように、母の状況や環境が違っていただけで、私は母に愛されていたことに気づきました。あれから以前のように、母を大好きと想っていた気持ちに戻りました。母にとても優しくなれました。先日母が入院する夢をみて、気になって電話したら「優しくなったね」って言われました。何故か涙がでました。この涙には色んな想いがあった気がします。心が軽くなりました。先生のお陰です。ありがとうございました。~・~・~・~・~・~・~・~・~・ご感想ありがとうございました。カメムシ嫌いのブロック解除をしたときただの虫嫌いとはわけが違うマイナスのエネルギーでした。するとOさんの潜在意識が嫌いになった時期に原因があると教えてくれました。その時期を伺うと学生の頃、お母さまの都合で田舎の方へ引っ越したそうです。その多感な時期にお母さまの都合で引っ越したことなど他にもお母さまに対する不満やネガティブな感情がインナーチャイルドに残っていたのです。それが輪をかけてカメムシ嫌いにしていたのかもしれません。大人になるに連れお母さまを大切に思いながら過ごされていたのですが、ご自身が母親になったときに、当時の癒されていなかったインナーチャイルドが顔を出したのです。お母さまの本来のお気持ちを知り当時のインナーチャイルドは癒されました。人にはたくさんのインナーチャイルドがいるので少しずつ癒していかれてください。インナーチャイルドを癒していくと内側からせき止められていたエネルギーが自然と溢れ出てきます。心の重荷がなくなりラクにイキイキと生きていけます。私自身もたまにインナーチャイルドを癒しています。本当はちょくちょくするべきですが・・・。Oさんとご家族が喜びいっぱいになりますように・・・♡

発達障害児、育児のお悩み

心のブロック解除・サイキック心理カウンセリングの曽根美佐緒です。発達障害児の育児のお悩み、夫婦・親子・恋人との問題を解消いたします。発達障害児の娘さんをもつママさんからセッションのご感想をいただきました。Kさん私の夫は出張専門の仕事のため、1年を通してほとんど家には居らず、子育てに関しても協力は得られず理解も薄く、発達障害の4才の娘とマンツーマンでの孤独な子育てライフを送っていました。何一つ思い通りにならない子育てや将来の不安を、子育て中のママ友や子育て経験の先輩方、幼稚園、医療機関、市の療育相談などに時々相談してきたけれど、やはり環境の違いなどでさほど理解もされず、差し障りのないアドバイスをもらうだけで解決の糸口はみつからないままでした。高齢出産に加え、夫の協力もなく、人一倍手のかかる娘の世話に気力も体力も限界で、気持ちも滅入る一方でした。そんな時、潜在意識を読み取りブロックを外してくれる?という先生のセラピーを受けてみました。潜在意識の読み取りにより自分でも気付けなかった本当の自分の気持ちに気付かされました。悪くてダメな自分を無理に隠し通そうとしていたのを暴かれたことで逆に楽になれました。更に先生は、私以外に知りえない情報までも、私の潜在意識から聞き出し、ブロックを外す?という作業と、今までの様な、うわべだけの相談とは違った、それに伴うアドバイスをくれました。セラピーが終わった時には、とても気持が軽く前向きになっていました。人生を切り開いていくのは勿論自分自身だけど、誰にも理解されなかった私の苦悩を先生に(誰かに)共感してもらえる事で心が満たされたし、また行き詰った時にはブロックを外してもらいに行きたいです。~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ご感想ありがとうございました。Kさんはとても大変な発達障害児の娘さんをお一人で、すべて抱えていらっしゃいました。体力的にも精神的にも毎日気が休まることもないご様子でした。ご自身が気づいていなかった、奥深くの心のブロックが『依存させたい』でした。依存してもらうことで自分の存在価値や居場所を無意識のうちに作っていたのです。頭では娘さんの自立を願いながらも無意識では依存させていたのです。そして、そのブロックができてしまった理由が、幼い頃のご両親との関係にあったことを気づかれました。1本の根が分裂していくのと同じで1つのブロックがさまざまな問題に繋がっていたりします。ブロックを外すことによりそこから発生していた数々の問題がクリアになり今まで心配していた娘さんの行動がさほど気にならなくなったり、潜在意識が変わったことで気持ちが上向きになっていきます。お母さんの不安が軽減され前向きになることでお子さんにもいい変化が訪れます。Kさんとお子さんの笑いが増えてイキイキ過ごしていけますように。http://aum-akala.com